header_logo.pngheader_logo.pngspace_01.pngspace_01.pngspace_01.png

menu_navi01.pngmenu_navi01.pngspace_02.pngmenu_navi02.pngmenu_navi02.pngspace_02.pngmenu_navi03.pngmenu_navi03.pngspace_02.pngmenu_navi04.pngmenu_navi04.png

about_01_q.png

about_02_a.png

「知る・体験する・作る」をコンセプトにモノづくりの楽しさを発信する基地、「enjoy mono」。場所は町工場の街、東大阪。
この基地では「モノづくりの事がなんでも」わかります!
金型作りを通じてたくさんの「こども金型職人」を育て、「人とつながる」「未来につながる」「世界につながる」技術や商品を生み出します。

モノづくり工場と作りたい企業、作りたい人が出会い、新しいつながりを生みます。
町工場という秘密基地での経験から「こども金型職人」を生み出し、未来の雇用につなげます。

「enjoy mono」は今までにないモノ・コトを作り出します。
​日本の財産であるモノづくりでMade in japanブランドを世界に発信していきます。

about_01_photo.png

about_02_q_02.png

about_02_a.png

業界問わず、様々な方から「モノづくり工場に興味がある」「金型が出来るところを見てみたい」というお声をたくさん耳にしています。しかし私たちのようなモノづくりの現場である町工場は比較的封鎖的です。自分たちの技を具体的に公表してる企業は少ないです。その閉鎖された工場の中はモノづくりを楽しめる空間が広がっています。それを知り、体感することで老若男女問わず世界が変わり楽しいと感じる事が出来るのではないかと考えました。

そこで!

モノづくりの街、東大阪でプレス金型やプレス加工品を製造している「中辻金型工業株式会社」という秘密基地の一角を利用。企業、個人、大人から子供まで作りたい人、作る人が
「ここに来たらモノづくりの事がなんでもわかる!」
「その楽しさを体感できる」
「こども金型職人になれる」
そういう場所を作りたい!
そう考えこのプロジェクトを立ち上げることにしました。

about_02_photo_02.png

about_03_q.png

about_03_a.png

「こども金型職人」の「こども」とは、学生さんや子ども達はもちろん、初めてものづくりをされる方や、現場経験の浅い、若しくは経験の無い方など。年齢に関係なく、ものづくりの初心者は、みんな、「こども金型職人」。そんな「こども金型職人」を生み出す秘密基地、それがenjoy monoです!

about_03_kodomo.png

about_03_photo.png

about_04_q.png

about_04_a.png

enjoy monoのコンセプトは、「知る・体験する・作る」です。
ものづくりの楽しさを多くの人に知っていただくために、次のようなことを行います。

理解する
ー職人達の技を学ぼうー
実際にものづくりに携わっている町工場の企業さんが、専門分野に特化したものづくり講座を開催します。
全くものづくりを知らない人にも「こうやって作られているんだ」と分かってもらえる講座を展開します。

体験する
ープレス金型の組立に挑戦!ー
実際に作られ、使われているプレス金型のミニチュア版の組立に挑戦!
プレス金型ってなに?という説明を交えたワークショップを通して、金属の特徴、変化の様子を間近でご覧ください!

実現する
ーイメージを実現させようー
enjoy monoで芽生えた「作りたい!」のアイデアをカタチにしていきましょう!
実際にお会いした企業の職人さんへ直接相談したり、作ってもらったり。リアルなつながりの中で、今までに無いモノを生み出しましょう!

about_04_photo01.png


navi_rikai.pngnavi_rikai.png

about_04_photo02.png


navi_taiken.pngnavi_taiken.png

about_04_photo03.png


navi_jitsugen.pngnavi_jitsugen.png

about_05.png

about_05_name.png

「enjoy mono」は大人だけではなくこれからの日本を支えていく子供たちにもモノづくりの楽しさを伝え技術を伝えていきます。日本は資源の少ない国。
未来の日本に必要なことは

1. international(国際的)
2. Local(地域を魅力的に)
3. Innovation(価値の創造)

この三つだと考えます。日本を活性化させるため、世界に打って出るには人と人とのリアルなつながりにより新しいモノ・コトを起こすことだと考えます。そしてその価値を生みだすことの楽しさを今の大人が経験し、子供たちに伝えていくことが大切です。
「ここに来れば何でもわかる」「モノづくりを体感できる」そういう場所になることで東大阪がモノづくりの技の集合体へと成長します。成長した町、東大阪はその技と新しい価値を持って日本経済を支えることになると考えています。

私自身の経験です。
不景気の底だと言われた2001年から製造業に携っています。小さいころから工場を見ていた私は「こんな汚い工場で働きたくない。」「何やってる仕事か全くわからない」とまさに3Kだと思っていました。また幼いころの私の目には「わけのわからない場所」としか映りませんでした。しかし、結婚を機に入社したことで自社の仕事を知り、こんなに面白い仕事はないと体感しました。入社後CAD/CAMから始めました。

何を作るのか、何をしているのかなんて全くわからず言われるがままに加工データを作成し、図面を描いていたのです。

ある日、1人の社員さんが退社することになりました。その社員さんの代わりに現場の仕事を引き継ぐことになり現場の経験を積むことになります。

私がモノづくりをおもしろさを知ったのは図に描いたものが現実に製品として出来上がった時。「すごいこれ!」そう思ったのです。
私を育ててくれたのは自社はもちろん、現場にいる取引先の方々でした。図面・加工・金型・処理等、作ることに関して「やってみる」という手法で多くの経験を積ませてくれました。
人と人とのつながりがあったからこそ今の私があります。そのつながりがあるからこそ経験を積み自分の技として持つことができました。取組む中で人の温かみや一緒にやったときの達成感を実体験したのです。それは今も継続中です。
「なんで製造業はこんなに楽しいのにやらないんだろう。」と今まで思っていました。
そしてそれは「私のように実体験することができないからなのでは?」と思うようになりました。
モノづくりは学校では勉強できない大切なことを学び、作ることを通じて成長できる仕事だと思います。私が経験してきたこと、経験し続けていることを少しでも多くの人に伝え、その醍醐味を知ってもらいたいと考えています。

navi_rikai.pngnavi_rikai.png

navi_taiken.pngnavi_taiken.png

navi_jitsugen.pngnavi_jitsugen.png