header_logo.pngheader_logo.pngspace_01.pngspace_01.pngspace_01.png

menu_navi01.pngmenu_navi01.pngspace_02.pngmenu_navi02.pngmenu_navi02.pngspace_02.pngmenu_navi03.pngmenu_navi03.pngspace_02.pngmenu_navi04.pngmenu_navi04.png

try_head.png

try_talk.png

プレス金型組立&プレス加工体験。実際に作られているプレス金型のミニチュア型を組み立てて作る体験型ワークショップを開催します。プレス金型を作ってプレスするという日々現場で行われている仕事を実際に経験してもらいます。そして工場見学で実際に作られているところを体感。モノづくりの現場を見ることでモノづくりの楽しさを体感していただきます。企業でも金型がどんなものかご存じない方も多いと聞くことがあります。実際の金型に触れて金型とは何?を体験しながら覚えていただきます。作った金型でプレス加工してみて金属はどのように変化するのかを、目で見て、モノを見て、学んでいただきます。

try_flow.png

wacourse_otona_b.pngwacourse_otona_b.pngspace_35.pngwacourse_kodomo_b.pngwacourse_kodomo_b.png

course_otona_b.png

2016年12月15日

img_1700

こんにちは!

enjoymonoクルーの香月です(^^)/

 

最近更新できていなかったのですが、「プレス金型基礎検定3級」の報告会開催!

※詳しい情報はこちら!⇒『プレス金型基礎検定3級

8月からプレス金型検定を行っておりまして、今月はなんと合計17名の方々が受講してくださいました!

しかも驚いたことに、参加者される皆さんの職種がバラバラなんです。
同業種の金型屋さんや、違う技術を持つ職人さん、商社の方やメーカーの方、、
などなど本当にさまざまです。

皆さん来て下さる理由も異なっていて、
「金型を毎日触っているけど、深い知識がないので勉強しにきました。」
「金型を売る仕事をしているけれど、実際に触ったことがなかったので…」
‥など。

そんな皆さんには、初歩中の初歩から順番に細かいところまで、学んでいただきました!

img_1681

真剣に取り組む皆さん。

img_1687

後ろから一緒に聴講させていただきましたが、工場長も余談が毎回違うんですね!
何度聞いても勉強になります。

そして移動して……
img_1694

金型組み立てを行う参加者の方々
「まず何するんだったっけ?」
とおっしゃってらっしゃる方々にはすかさず
『テキストにすべて記載してありますので、順番にやっていったら大丈夫ですよ!』といいながら、
順番に一緒に私もやっていきました。

皆さん、ここは慎重に丁寧に金型を扱ってくださいます。
img_1692

「挿入量は……スプリングボルトが……」などと、さっそく学んだ言葉が会話の節々に出てきてます!
img_1691

終わった後は、皆さんが組み立てた金型と同じものをプレス機に取り付けて、金属に穴をあけていきます!
2015-09-05 16.21.25
(写真撮影できてなかったので過去の写真から…)
↑こちらのプレス機に設置して、パンチしていくんですね!

「たった一つの穴をあけるために、こんなに手間がかかって金型を組み立てるんですね~!」
と一言。

そうなんです(><)
こんなにも手間がかかってるんです。
本検定では、組み立て以外の部分に、多くの時間を費やしているのです。

はい!
プレスしてできた銅板プレートに刻印体験!

15400338_1283650001695877_3811440517508971306_n

皆さん、イニシャルや会社名などを刻印してました!

さ、体験の最後のパートでは…

デジタルモールドで形成した、缶バッチを刻印します。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%81%e3%81%ae%e3%81%bf

「普通の金型だと、板厚が小さいので(刻印した際に)金属の表面が破れてしまうのですが『デジタルモールド』だと、台になる樹脂が衝撃を吸収してくれるので、破れずに刻印できるんです!」とおっしゃっていた、工場長。

つまり、金属だったら、薄い金属に刻印打ちづらい!
でも、デジタルモールドだったら、打ちやすくなるってことなんですね!

この技術で、デザイン性の高い新しいことめっちゃできるんちゃうん!ってワクワクしました。

これで、体験の部分は終了ですね。

この後、10分休憩が入って検定をしたのですが、、

皆さん意外とスラスラ解答しているみたいでした(^^)
座学した後の、体験の中で身につくようですね!

検定が終わって、
img_1700

皆さんで、『金型ポーズ』(工場長発案)(^^)

1月18日(水)18:30~
1月21日(土)13:00~

にもございますので、ぜひ皆さまご検討下さいませ。

参加者の皆様、誠にありがとうございました!

course_kodomo_b.png

img_1700

2016年12月15日

こんにちは!

enjoymonoクルーの香月です(^^)/

 

最近更新できていなかったのですが、「プレス金型基礎検定3級」の報告会開催!

※詳しい情報はこちら!⇒『プレス金型基礎検定3級

8月からプレス金型検定を行っておりまして、今月はなんと合計17名の方々が受講してくださいました!

しかも驚いたことに、参加者される皆さんの職種がバラバラなんです。
同業種の金型屋さんや、違う技術を持つ職人さん、商社の方やメーカーの方、、
などなど本当にさまざまです。

皆さん来て下さる理由も異なっていて、
「金型を毎日触っているけど、深い知識がないので勉強しにきました。」
「金型を売る仕事をしているけれど、実際に触ったことがなかったので…」
‥など。

そんな皆さんには、初歩中の初歩から順番に細かいところまで、学んでいただきました!

img_1681

真剣に取り組む皆さん。

img_1687

後ろから一緒に聴講させていただきましたが、工場長も余談が毎回違うんですね!
何度聞いても勉強になります。

そして移動して……
img_1694

金型組み立てを行う参加者の方々
「まず何するんだったっけ?」
とおっしゃってらっしゃる方々にはすかさず
『テキストにすべて記載してありますので、順番にやっていったら大丈夫ですよ!』といいながら、
順番に一緒に私もやっていきました。

皆さん、ここは慎重に丁寧に金型を扱ってくださいます。
img_1692

「挿入量は……スプリングボルトが……」などと、さっそく学んだ言葉が会話の節々に出てきてます!
img_1691

終わった後は、皆さんが組み立てた金型と同じものをプレス機に取り付けて、金属に穴をあけていきます!
2015-09-05 16.21.25
(写真撮影できてなかったので過去の写真から…)
↑こちらのプレス機に設置して、パンチしていくんですね!

「たった一つの穴をあけるために、こんなに手間がかかって金型を組み立てるんですね~!」
と一言。

そうなんです(><)
こんなにも手間がかかってるんです。
本検定では、組み立て以外の部分に、多くの時間を費やしているのです。

はい!
プレスしてできた銅板プレートに刻印体験!

15400338_1283650001695877_3811440517508971306_n

皆さん、イニシャルや会社名などを刻印してました!

さ、体験の最後のパートでは…

デジタルモールドで形成した、缶バッチを刻印します。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%81%e3%81%ae%e3%81%bf

「普通の金型だと、板厚が小さいので(刻印した際に)金属の表面が破れてしまうのですが『デジタルモールド』だと、台になる樹脂が衝撃を吸収してくれるので、破れずに刻印できるんです!」とおっしゃっていた、工場長。

つまり、金属だったら、薄い金属に刻印打ちづらい!
でも、デジタルモールドだったら、打ちやすくなるってことなんですね!

この技術で、デザイン性の高い新しいことめっちゃできるんちゃうん!ってワクワクしました。

これで、体験の部分は終了ですね。

この後、10分休憩が入って検定をしたのですが、、

皆さん意外とスラスラ解答しているみたいでした(^^)
座学した後の、体験の中で身につくようですね!

検定が終わって、
img_1700

皆さんで、『金型ポーズ』(工場長発案)(^^)

1月18日(水)18:30~
1月21日(土)13:00~

にもございますので、ぜひ皆さまご検討下さいませ。

参加者の皆様、誠にありがとうございました!

navi_contact.pngnavi_contact.png

navi_rikai.pngnavi_rikai.png

navi_taiken.pngnavi_taiken.png

navi_jitsugen.pngnavi_jitsugen.png